高脂血症を改善したい方におすすめのサプリメントをご紹介しています。高脂血症の原因となる中性脂肪や悪玉コレステロールを減らしてくれる成分や血栓を溶かす成分が配合されているものを厳選しました。脂質異常を指摘されている方は、是非参考にしていただければと思います。

どんな成分が含まれているサプリメントが高脂血症に効くの?

3つの成分が配合されていることを確認しましょう
EPAが配合されているもの
高脂血症は中性脂肪が増えることで起こります。その中性脂肪を減らす働きを持つのがEPAです。血液の粘りを抑えて、血液をさらさらにするので、血栓を余分に作らせない働きが期待できます。
DHAが配合されているもの
高脂血症を引き起こすもう一つの原因がコレステロールです。コレステロールの80%は食事ではなく体内で作られるものなので、コレステロール値を体内で詳説することが望ましいです。DHAはコレステロールを減らす働きがあるので、体内のコレステロール値を差がたいときに役立ちます。
ナットウキナーゼが配合されているもの
すでに血管内に血栓ができて血液の流れが悪くなっている方におすすめの成分がナットウキナーゼです。ナットウキナーゼには血栓を溶かす働きがあるので、血液の流れをサラサラにして、つまりを解消します。

高脂血症におすすめのサプリメントランキング

きなり
EPAとDHAが500mg配合されたサプリメントです。またナットウキナーゼも2000FU配合されているので、高脂血症対策に必要な成分を全て摂取することができます。しかも、EPA・DHA・ナットウキナーゼの酸化を防いで腸までしっかりと届けてくれるクリルオイルを配合しているので、吸収力に優れている点も高く評価できます。
EPA:◎ DHA:◎ ナットウキナーゼ:◎
ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット
1日当りの目安摂取量である2000FUのナットウキナーゼを1粒に凝縮したサプリメントです。1粒あたりのナットウキナーゼ配合量はトップクラスです。DHAは60mg、EPAは11mg配合されているので、必要な成分は全て揃っているということになります。DHAとEPAの配合量が少ないところが少し残念です。
EPA:○ DHA:○ ナットウキナーゼ:◎
DHA&EPA+ビタミンD
1日の目安量である4粒に300mgのDHAと100mgのEPAが配合されたサプリメントです。DHAとEPAの配合量に関しては言うことなしですが、ナットウキナーゼが一切配合されていないところが残念です。ただし、まだ、血栓ができていない方にはナットウキナーゼはあまり必要ではないので、血栓ができるのを予防をしたいという方に向いています。
EPA:◎ DHA:◎ ナットウキナーゼ:×
青魚の知恵
1日の目安摂取量である2粒にDHAを130.2mg、EPAを40.4mg配合したサプリメントです。DHAとEPAの配合量がちょっと少なめなので、高脂血症が気になりだした方におすすめです。配合量が少ない分、コストは低くなっているので、初期段階の対策におすすめしたいサプリメントです。
EPA:○ DHA:○ ナットウキナーゼ:×
さらさらナットウキナーゼ
1日分の2粒当たりにナットウキナーゼが1000FU配合されています。そしてDHAは31mg配合されています。どちらも配合量は少なめとなっています。ただし、ビタミンB群やビタミンEなどの栄養素が配合されているので、そのような成分も摂取したい方におすすめです。
EPA:× DHA:○ ナットウキナーゼ:○

高脂血症におすすめのサプリメントで最も効果的なのはこれ!

高脂血症対策に最適なのは「きなり」です!
中性脂肪を減らすEPAを配合
⇒ 中性脂肪を減らしたり、血液の粘りを抑えて血栓ができるのを防いでくれる「EPA」をたっぷりと配合しています。酸化しやすいEPAをクリルオイルで保護しているので、EPAの持つ効果を最大限実感できます。
コレステロールを減らすDHAを配合
⇒ 動脈硬化を促進するLDL(悪玉)コレステロールを配合しているので、血管の詰まりを予防することができます。DHAもクリルオイルで保護されているので、効果を最大限実感できるのが魅力です。
血栓を溶かすナットウキナーゼを配合
⇒ 血栓を溶かして血液をサラサラにしてくれる「ナットウキナーゼ」を配合しているので、つまりかけた血液をサラサラにすすことができます。クリルオイルで保護しているので、胃酸に負けず、腸まで届き膝下千代吸収できるところがポイントです。

EPA・DHA・ナットウキナーゼを全て配合し、クリルオイルで保護しているのは「きなり」だけ!